現役面接官が語る!WEB面接通過率を上げるためのチェックポイント(基本編)

仕事

みなさんこんにちは。ボクです。

新型コロナウイルスの影響で、就職活動をする学生に対してのWEB面接が当たり前になり、ボクが働く会社でもWEBで面接を実施しております。

ボクは普段、面接官としても採用活動に関わることがあるのですが、学生によってWEB面接に慣れている方もいれば、残念ながら全く適応できていないと感じてしまう方もいらっしゃいます。

面接がうまく行っていないと悩んでいる学生の皆様は、WEB面接だから仕方ないと言い訳をしていませんか?

ボクがWEB面接をしていて特にもったいないと感じるのは学生の「映り方」です。

学生の皆さん、メラビアンの法則をご存知でしょうか。

メラビアンの法則とは…言語情報が7%、話し方などの聴覚情報が38%、見た目や表情などの視覚情報が55%となり、非言語コミュニケーションが大事であること。

詳しくお伝えしますと、話す内容も重要であるが、顔の表情や見た目、話し方からくる印象も同等以上に重要であるということです。

女性はSNSなどで自分自身の映り方を気にする経験や場面が多いのか、それを面接でも活かしている傾向を感じますが、男性はまだまだ慣れていない印象です。

まだWEB面接に慣れていない方々に向けて、基本的なポイント4点をまとめました。どれもすぐにできることなので、特に男性諸君!は必ず見て、WEB面接に活かしてほしいです。

明るい場所選ぶ

部屋や日光の方向によって顔の映り方は大きく変わってきます。顔が暗いと感じる方は、顔が影になってしまい表情がわかりにくいことが多いことです。
照明や日光の角度を確認し、顔を明るく映す工夫が必要です。自宅内の最適な場所を見つけて面接に臨んでください。

カメラを適切な位置に設置する

多少、上目遣いになる程度にカメラ(スマホやPC)の位置を調整してみましょう。学生さんによっては、テーブルの上にそのままスマホやPCを置いて面接をされる学生がいらっしゃいますがカメラの位置が適切でないと、顔が暗くなります。明るい方が印象が良いです。

カメラを適切な位置に設置することで顔の映りが明るくなるだけでなく、喉が開き声も大きくなるため、面接の印象も確実に良くなります。

背景を単色にする

自分が映る背景を気にしたことはありますか?基本的に単色の壁をおすすめします。

ですが、実家の場合そんな場所はない!という方もいらっしゃるかと思います。そのような場合には、カーテンをおすすめします。カーテンを背景にしてみてください。背景はスッキリ・ごちゃごちゃしないように気を付けましょう。

通信環境を整える

実家で面接に挑む方の多くは、Wi-Fi環境が整っていないケースが多い印象があります。Wi-Fi環境が問題ない方(WEB面接中に音声や映像が途切れたことがこれまでにない方)は良いのですが、WEB面接中に音声や映像が切れたことがあったり、不安に感じたりしている方は、Wi-Fiではなく4Gで挑むと通信状況がとても良いです。

またカフェやコンビニのFREE Wi-Fiはオススメしません。WEB面接は双方向での通信となり、FREE Wi-Fiでの通信量だと基本的に全く映りません。

通信制限が気になる方は、この面接が多い時期だけスマホの契約内容を見直すこともおすすめです。たった数千円で将来が変わります。

まとめ

WEB面接に挑む際は、

・明るい場所を選ぶ
・カメラを適切な位置に設置する
・背景を単色にする
・通信環境を整える

当たり前のことかもしれませんが、この4点が出来ていない方が多くいらっしゃるのも事実です。

Withコロナ時代に突入している中、新しい面接対策をせずに就活をすると、後悔してしまうのではないでしょうか。(環境適応能力も面接官に見られているはずです)一度、ご自身のWEB面接に挑む環境を見直してみてください。

就活生の皆様も大変な状況下ですが、なんとか諦めず踏ん張ってください。皆さん一人ひとりにとって最高な一社に出会えることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました